経営支援

経営のリスクマネジメント

もしもの時に備えていますか…

世の中、いつ、何が起こるかわかりません。
もしもの時、一体どれだけの資金や費用がかかるのか、考えたことがありますか。
経営が順調な時にこそ、「リスクマネジメント」について考えてみましょう。

経営者の4つのリスク

事業保障資金は確保できていますか?

経営者の信用が企業を支えています。経営者に万一のことがあった場合の借入金返済や金融機関・取引先に対する信頼を維持するための資金が必要です。

ここをチェック!

・万一に備えて借入金、支払手形、買掛金相当額は確保できていますか?

・万一に備えて役員、従業員の年間給与相当額は確保できていますか?

・経営者交代に伴う緊急予備資金は確保できていますか?

経営者の死亡退職金・弔慰金等の支払い財源は 確保できていますか?

経営者の公的保障は、その責任の重さに対して非常に薄い傾向にあります。

ここをチェック!

・経営者の死亡退職金・弔慰金支給制度は導入済みですか?

・経営者の死亡退職金・弔慰金の適正額は確認済みですか?

経営者の勇退退職金等の支給財源は 確保されていますか? 

退職金は、経営者のセカンドステージでの重要な資金です。経営者の功績、責任の重さに見合う財源確保が必要です。

ここをチェック!

・生存退職金は税制上大きなメリットがあります。

経営者の勇退退職金等の支給財源は 確保されていますか? 

円滑な事業承継のためにも、遺産分割対策や納税のための資金確保が必要です。

ここをチェック!

・相続対策として生命保険の非課税枠を活用しましょう。

現在の保障額をチェックしてみましょう

現在の必要保障額は?

すでに準備している保障額は?

余裕額、または不足額は?

保障額を確認し、それに備えておくことが大切です。


インデックスへ戻る

■お気軽にお問い合せください。

税理士法人三部会計事務所

TEL.024-922-1300 FAX.024-922-6363

〒963-8023 福島県郡山市緑町16-1

■メールでのお問い合せはこちらからどうぞ。