事業継承

事業継承支援

「事業承継」は遠い先のことだと思っていらっしゃいませんか。

しかし、あなたの会社を将来につなぐために、「事業承継」はすぐにも取り組むべき事柄なのです。

事業承継の方法は3つ

@ 親族への承継

A 従業員への承継

B M&A


何から始める?事業承継

それでは、スムーズな事業継承を行うためには、いつ、何から始めればよいのでしょうか。

 

1.あなたの願いを明確にする
自分自身の今後の生活をどうしたいのか、どの財産を誰に相続させたいのか、会社を誰に承継させたいのかなど、まずは、あなたの考えをはっきりさせておきましょう。
2.現状の把握
現在の会社の状態について、経営状態から負債、資産、その活用状況などをきちんと把握しておきます。さらに、相続発生時に予想される問題点(相続人、相続税、納税など)も認識しておきましょう。
3.事業承継の方法
中長期の経営計画に、事業承継の時期や具体的な対策を盛り込み、事業承継についても段階を踏んで進めるようにします。
4.後継者養成
後継者候補が決まったら、事業承継のための基盤づくりをしなければいけません。社内・社外教育のほか、世代交代を見据えた経営幹部体制の整備にも取り掛かりましょう。

事業承継計画を作成しましょう

まずは、あなたの会社の現状を把握し、何が問題で何をすべきかをはっきりさせるために、「事業承継計画」を作成することをおすすめします。事業承継は、企業の存続だけでなく経営者個人の財産にも深くかかわってくる問題です。そのため、総合的な視点に基づいた念入りな準備、対策が必要となります。経営支援から相続対策まで総合力を備えた三部会計事務所へご相談下さい。

【お電話下さい】024-922-1300 【メールはお問い合せから】

インデックスへ戻る

■お気軽にお問い合せください。

税理士法人三部会計事務所

TEL.024-922-1300 FAX.024-922-6363

〒963-8023 福島県郡山市緑町16-1

■メールでのお問い合せはこちらからどうぞ。